TOPヘ

About Us ごあいさつ

社会的課題に解決策を提供します

ごあいさつ

当社の社名「ソトコト総研」の「ソトコト」は、雑誌「月刊ソトコト」に由来しています。
「ソトコト」とは、スワヒリ語で「木陰」を意味する言葉です。

弊社「ソトコト総研」は、2006 年に、雑誌「ソトコト」を編集出版する畏友・小黒一三と、私・水野誠一が、マーケティング事業のために合弁事業として設立した「株式会社ソトコト」が前身です。その後、双方共に本業が忙しくなったこともあり、「株式会社ソトコト」は木陰でしばし休眠させておりました。

ところが、その後、環境関連や農業関連の新規ベンチャー企業や、地方自治体からのご相談が、次々と私の許に寄せられるようになり、また、その分野にエキスパティーズを持つメンバーも集まってきたために、問題解決のプラットフォームとして「株式会社ソトコト」の資本と組織を改組して、2014年、シンクタンク「株式会社ソトコト総研」として再出発させることにいたしました。

「月刊ソトコト」とは現在も友好関係を保ち、「ソトコト」の名称を引き継ぐことを条件に、様々な事業局面で協力関係を共有していくことを確約しています。

まさに、この「ソトコト総研」の木陰に、多くのベンチャー起業家が集まり、互いのコラボレーションを実現できるようなプラットフォームを目指していく所存です。

代表取締役 水野誠一

Members ソトコト総研のメンバー

多様な領域で最適のプロデュースをします
総合プロデュース 代表取締役 水野誠一
水野誠一

得意分野
ジャンルを超えた経営指導・アドバイス全般。豊富な経験から、国内・海外を問わず、流通・サービス・IT・環境・文化事業などの業界を中心に、ソーシャル・マーケティングに基づいた事業計画へのアドバイス。事業領域を越えたソーシャル・ビジネスの組み立てやコーディネイト。業界を越えた、パートナー企業や、取り組み先、資本提携先の紹介とコーディネイト。

理念・ミッション
単にマーケットバリューだけではなく、ソーシャルバリューを持った企業や、人材を育てること。ライフワークたる「ソーシャル・マーケティング」を主軸にして、環境性、社会貢献性の高い事業の実現を目指す。

活動履歴
1970年慶応義塾大学経済学部卒業。西武百貨店社長、米国ネットスケープ・コミュニケーションズ顧問、慶応義塾大学総合政策学部特別招聘教授を経て、1995年参議院議員、同年(株)インスティテュート・オブ・マーケティング・アーキテクチュア(略称:IMA)、2002年(株)リプロジェクト・パートナーズを設立、代表取締役CEO就任。地域と流通企業のブランディングプロデュースを数多く手がける一方で、国内企業の支援や香港ペニンシュラホテルなど外資系企業の日本進出の協力支援も行っている。またここ数年、在インド財閥系企業や中国アパレル大手のコンサルティング業務を行うなど活動はますます多岐に渡っている。現在、バルス、オリコン、エクスコムグローバル、UNI などの社外取締役のほか、森ビル特別顧問も歴任した。

金融・IPO 監査役 田中冨士雄
田中冨士雄

得意分野
テクノロジー全般の評価、シード段階からの事業化、ベンチャーファイナンス・インキュベーション、アライアンス策定、事業計画・戦略立案、海外展開、M&A。

理念・ミッション
・世界で戦える経営者・企業集団をつくること
・ヘルスケアテクノロジーの発掘と見える化

活動履歴
ベンチャー企業のインキュベーションと資金調達。ベンチャー企業への投資、事業構築、アライアンス策定。ベンチャー企業のIPO支援全般。

The Company Information ソトコト総研 会社概要

社 名株式会社ソトコト総研
所在地〒107-0052
東京都港区赤坂2-23-1
アークヒルズフロントタワーRoP1005
設 立2014年7月
代表者水野誠一
印刷用ページ
携帯電話に経路を送る

入室の方法

ビル内進入の案内図
  1. 1.右手の茶色の『RoP』自動ドアよりお入りください。
  2. 2.インターホンで『1005』を呼び出してください。

交通アクセス

地下鉄をご利用の場合

  • 東京メトロ千代田線『赤坂』駅 5a/5b出口 徒歩 約7分
  • 東京メトロ銀座線・南北線『溜池山王』駅 12出口 改札口より徒歩 約8分
  • 東京メトロ南北線『六本木一丁目』駅 3出口 徒歩 約6分

バスをご利用の場合

  • 都営バス都01系統『赤坂アークヒルズ前』

お問い合わせ